永代供養について

長崎直葬センター天の刻では火葬後のご遺骨の納骨先、永代供養についてのご案内もさせていただきます。

遺骨は自宅で保管してもいい?

人の遺骨は火葬後どのようにすべきなのでしょうか。
葬儀の後は、お墓やお寺などに納骨を行うというのが一般的と考えられており、遺骨の自宅での保管は法律的に問題があるのではないか?と思われがちです。しかし、自宅で遺骨を保管することに関して、法律上問題はありません。

初七日や四十九日あるいは1周忌に家族、親族に見送られてお寺などに納骨するというのが一般的ではありますが、気持ちの整理がつくまで自宅でご遺骨を保管されても構わないのです。

墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法)

人のお墓に関する法律は「墓地、埋葬等に関する法律」【通常、墓埋法(ぼまいほう)といいます】に定められており、人の遺骨は墓地以外の場所に埋葬することは禁じられています。
従って、いくら恋しくても自宅にご遺骨を埋葬することはできません。

納骨先、供養先が決まっていない方へ

直葬や家族葬で火葬した後もご遺骨をどうするか決まっていない方も間々いらっしゃると考えられます。主な理由として次のようなことがあります。

  • 後継ぎがいない
  • 身寄りがない
  • 子供がいない
  • 独身の方
  • 親族と疎遠
  • 子供や家族に面倒を架けたくない
  • 金銭的な問題

永代供養とは

永代供養は、墓地(お墓)、納骨堂を購入するのと違って、永代供養料をお支払いして永代にわたる供養をお任せする方法です。この場合、ご遺骨は決められた場所に埋葬してもらうのが一般的です。コストも安く、後々の面倒もなくなります。

内容

  • 初期費用だけで、以後の年間管理費は無料です。
  • 宗派、宗教は問いません。

永代供養先のご紹介

ご相談下さい。

24時間365
いつでも御相談に応じます。